当書道会について

全日本新芸書道会の紹介です。

来歴

全日本新芸書道会は、1972年に設立されました書道会です。

古典を基調とした正統的な書風、大衆に親しまれる書、豊かな人間作りに役立つ書を目指し、約50年の間、神奈川県の書道教育をお手伝いさせて頂いております。

創立:遠藤岑翠

(えんどう・きんすい、1935年5月25日~2019年12月12日) 、書家

本名、清勇。福島県双葉郡川内村上川内に生まれ、書道の上達を志し、
知遇を得た江口旭照に1955年より師事、没後1962年からは阿部翠竹に師事。
1955年照旭会書展に漢詩書を初出品。

以後各展に出品を続け、1968年日中文化交流展読売新聞社賞(最高)、69年太玄会展特選、94年産經書展審査員グランプリ、特別大賞を受賞。
その他、大日本書芸院展特別賞、国際芸術文化勲章など受賞。

1972年5月、全日本新芸書道会を創設した。

1979年横浜・ゴールデンギャラリーで個展。
以後国内外において個展、合同展、公募展(一般・学生部)など開催。
書道を通じて世界の芸術家達との交流があり、その活動は社会的にも高く評価される。

年間スケジュール

全日本新芸書道会は毎週の書道お稽古の他、支部を超えた会員同士の触れ合いも活発です。

毎年1月は書道展の開催をしております。会員の方の選りすぐりの作品をご提出頂き、祝賀会での表彰・お食事会を行っております。